【岩瀬砂の学校グラウンドには透水性保水型舗装のヘルシークレー!】

他工法比較表

予算の都合もありますが学校校庭整備工事を検討して岩瀬砂関東真砂土)を表層工で

考慮した場合、粒度(粒の大きさ)を調整した改良岩瀬砂にてt=10cm改良を行う

規格クレイ系舗装改良土舗装ATTACヘルシークレー)で施工するとビチャビチャ水はけ

改善され、改良岩瀬砂グラウンド用)を使用しているため擦過傷の軽減も期待できます。

250337_744085025645524_3920695519495508812_n

続いて表層の下は砕石層が一般的ですが現況土赤土の場合)を5cm~10cm程度、

団粒化剤GB2000を使用して施工を行う、透水性保水型舗装ヘルシークレー工法)で

改良コスト削減をされている各自治体・民間施設で採用が増えております。

雨水流出抑制土

 

予算用途に合わせて色々な工事内容の御提案をさせていただきます。

お問合せ先 御電話は043-301-3297 web上からの御問合せはこちらをクリックご記入願います。