【熱中症予防には人も運動場も開始前の水分補給!】

屋外で仕事や運動をする際には、喉が渇いてからではなく、

行動前に水分補給をストレッチと共に行うと熱中症予防に成るようです。

人と同じく屋外運動施設クレイグラウンド園庭通路校庭など)でも、

使用前に散水を行うことで路面温度急上昇抑制して、熱中症予防

つむじ風の発生抑制にも繋がります。

 

しかし、せっかく散水グラウンドに施しても、透水性浸透性の悪い状態が現地の土

な場合は土の表面だけ湿って、浸透性が悪いので泥濘が発生しだして散水をやめると、

本来、必要な散水量に達していないため、競技開始直後には砂塵砂ぼこり土埃)が発生します。

最新版 ヘルシークレー説明資料 2最新版 ヘルシークレー説明資料 3

弊社の透水性保水型土舗装の『ヘルシークレー®工法』で施工をすると上記の図のような効果があります。

ご紹介中の土壌改良工法『ヘルシークレー®』で施工を行いさらに、

防塵砂埃土埃対策専用材『ヘルシーグリーン®』とのハイブリット工法『笑土(わらど)工法』で施工した

現場の効果映像をご覧ください。

屋外運動場(グラウンド・園庭公園)などの計画(設計)の資料請求・見積依頼などお気軽に

お問合せください。043-301-3297