『運動場の泥濘・水はけ改善に透水性保水型土舗装!』(東京都東村山市)

グラウンドの(水はけ・排水改善工法凍害(凍上・)抑制工法どちらがよろしいですか?』

専務の岡本です!こんにちは^_^

今日は先日完工した東村山市内小学校で、水はけ泥濘粉塵の発生を抑制する

笑土工法 わらどこうほう』と、冬場など校舎などの建物になり校庭凍結して

利用が困難な状態を改善する『ソイルサンドクレイ工法』の両方を施工をさせていただきました。

着工前 学校グラウンド 透水性保水型土舗装グラウンド改修 選定工法 凍結 泥濘 発生抑制 対策 工事クレイグラウンド 粉塵 近隣対策 工事 粒度調整防塵専用処理材 ヘルシーグリーン

冬季に校舎等の陰になり、凍結・凍上しやすい一部分の場所にはソイルサンドクレイ工法を行い、

年間を通じて水はけ・泥濘粉塵の発生する、ほぼ全体には

透水性保水型土舗装【ヘルシークレー®工法】を施工しました。

一箇所の現場(グラウンド)で性質の違う工法を行うことは一般的には稀ですが、

現地で教育員会のご担当者様とMTでお話を伺っている際に、気づいた事がありました。

この続きは少し長文になりましたので、次回のブログに書かせてください。

御縁に感謝