土の保水力が!今の土には無い!だから!!

本来は、自然地山には保水力草木腐葉などによる空隙)があり、

植物の根が、しっかりと土に根を張り、降雨による雨水を土中に浸透保水する

機能が元々、自然界では存在しています。

山間部でも地すべりなど豪雨などにより発生していますが、ほとんどが植林地帯に

多くみられます。

地すべり 土砂災害

河川敷の土も盛り土として、土を固めるだけで、空隙(保水空間)が無いために、

豪雨時雨量浸透・保水機能が失われていて、土の表面だけでは補え切れずに、

山の地すべりと同じように、崩壊の一要因に成っていると思います。

弊社の透水性保水型土舗装『ヘルシークレー®工法』は運ばれて着た土や、

本来の浸透性保水力を失った土(クレイグラウンドなどの経年劣化など)を

雨水流出抑制土透水性保水型土系

透水性保水性能を改善・向上させて雨水の流出対策として多くの採用いただいてます!

土の混合する団粒化材(GB2000)や固化材に関しては、環境省が定める環境基準

満たしております。(採用時に第三者機関の分析表もご提出しております!)

ヘルシークレー®工法は、元々の土に備わっていた性質を改善・向上させる施工方法です。

透水性保水型土舗装

資料請求現地調査以来・見積り依頼や設計提案などお気軽に御問合せください。

問合せ先 043-301-3297