使用土が限られた中で改良工事をしたグラウンドの3年後・・・

平成25年の夏に北陸地方石川県内で学校のグラウンド改修工事

土質改良工法のヘルシークレー®工法で施工を行い平成28年4月14日に

朝方まで降雨があり、その後AM10時半くらいに撮影しました。

未改良土の部分と土壌改良施工を施した部分との違いをご覧ください。

石川県 学校グラウンド改修実績

こちらの現場は限られた土質(粘性土が多量)の中で現地混合改良工事を行い本来は砂質土の混合割合

を増やして混合・改良攪拌をしたかった現場です。

しかし画像のように降雨後の泥濘水はけなどは問題なく透水浸透性は保たれています。

施工前の土の選出により、経年劣化の度合いに影響があるので、土質調整が重要になります。

今後、石川富山県内などでは倶利伽羅くりから)産の砂質土を現況土の状態を把握して

配合・改良混合して品質の向上を北陸地方担当富山市所在の提携企業で【㈱岡部】と共同で

ご提案させていただきます。

下記の画像は泥濘が発生している未改良土と改良土のヘルシークレー®の差が分かる画像です。

石川県小松市 学校グラウンド

クレイグラウンド校庭園庭)などの新設改修工事設計や見積提案依頼など、

何なりとお気軽に問合せ・資料請求 や 【見積依頼】 などお待ちしてます。

電話番号は043-301-3297