高温多湿による熱中症発生リスクを軽減可能な方法

屋外グラウンド公園・園庭・運動場)などで運動(スポーツ遊戯など)

の時には最初に水分補給をすると、それだけでも高温多湿時の熱中症発生リスク

軽減されるそうです。

のグラウンド(校庭・園庭・運動広場)でも路面温度上昇を抑える目的や

砂埃の発生を抑えるために散水などを行っている学校施設管理・運営者の

方々もいらっしゃると思います。

グラウンド 簡易散水機

しかし散水を行っても短時間で乾いてしまって、直ぐに砂塵土埃・砂埃)が飛散しだし、路面温度も

上昇してしまいます。散水過多になるとグチャグチャ泥濘になってしまいお困りの方も多いと思います。

せっかく散水を行っても、表面の『パサパサ』『パフパフ』な状態の細かいパウダー状の土(砂埃元)だけに

吸収され、元々は同一の土だった(パウダー状の平均1~2cm下)硬く、水が浸透透水し難いために

散水の効果がほぼありません。

粉塵抑制

近隣苦情対策のためや熱中症の発生を抑制するための散水効果改善・持続させるためには

元々同じ状態の土だったように業者に頼み土を攪拌して均一の状態に補修修繕する方法

施工価格は、安価ですが施工効果は1~2年程度です。(使用頻度のより異なります)

しかし運動場土壌改良工法『笑土(わらど)工法』は完成後10年程度経過して

約60%程度の透水浸透性能を維持します。

運動場専用の改良工法

普通の土と土壌改良を行った土との違いをお客様との会話を再現した映像でご覧ください。

運動場(園庭・校庭・公園)の改修新設・補修を検討中の運営管理者様・設計会社様など

資料請求・見積依頼などお気軽にお問合せください。043-301-3297

概算施工価格は『参考施工価格ページ』をご覧ください。

最後に、運動場の改修工事土壌改良工法の『笑土(わらど)工法』 で施工した学校運動場

改良工事ではなく通常の土のグラウンドとの差を映像でご覧ください。