【雨水を浸透貯水して乾燥時は貯めた水をいつでも使える笑雨(わらう)工法!】

こんにちは!

毎日蒸し暑い日が続いていますね。

毎日蒸し暑くて熱中症にならないように…というのはもちろんですが、

もう一つ氣をつけておかなければならないことがあります。

001

それはゲリラ豪雨です。

ゲリラ雷雨は近年になって急激に頻度が増えています。

急な大雨でビショビショになったり、土のグラウンドやサッカーコートべちゃべちゃ

なってしまう…というのはやっぱり困ります。

泥濘・水溜りグラウンド

でも、この台風やゲリラ豪雨は、必ずしも悪いことばかりではないんです。

ゲリラ豪雨をうまく利用すれば、日常生活において様々なメリットを生み出すことができます。

そこで、当社では、雨水浸透貯留循環利用する【笑雨(わらう)工法】の導入を

おすすめしています。

この雨水浸透貯留循環システム…なんだか難しそうな言葉に思われるかもしれません。

でも、そのメカニズムはとっても簡単なんです。

簡単に言えば、ゲリラ豪雨時はもちろん、振った雨を浸透貯留循環させる笑雨わらう工法

利用によって、ほぼキレイな水だけを溜め込みます。

そして一時的に溜め込んだ雨水を再び利用する、というシステムになります。

今年の夏のように、急な大雨が数日続いたかと思えば、今度は雨が降らない日が何日も続く…と

いった時、一度にまとまって降った雨が晴天の日に大活躍してくれるんです。

貯水量は、サッカー場1面であればなんと1000トンの水を貯め込むことができます。

これは小学校のプール2.5杯分に相当します。(貯水量は変えられます)

駐車場2台分なら貯水量は20トンです。(貯水量は変えられます)

家庭浴槽100杯分に相当します。

笑雨(わらう)システム

では、この溜め込んだ水をどのように再利用するのかは、次の機会にご紹介したいと思います!