【日々、逞しく成長中の子供たちが遊ぶ運動場には笑土(わらど)工法!】

こんにちは!

弊社では、学校の校庭運動公園グラウンド幼稚園保育園などの園庭に対しての

整備方法の御提案施工管理工事を行っています。

先日は、ある幼稚園の園庭をより快適に利用する方々が遊びやスポーツを楽しめる環境に

改善するために、笑土(わらど)工法で施工させていただきました。

成田市内 園庭 完成1

数年前から、大量の砂埃、さらに雨の後にはぬかるみ水たまりがいつまでも消えない、

ということから施工を依頼されました。

また、子どもたちが夏場にも思い切り運動できるようにと熱中症予防にも効果的であると

いうことに魅力を感じていただけたようです。

笑土

さらに、【笑土(わらど)工法】を施工した上に、人工芝を設置した園庭実績もあります。

土壌改善をしたことによって、子どもたちが、走ったり、飛んだりした時にも膝や腰といった

関節に加わる衝撃を大幅に軽減できます。

ヘルシークレー工法+人工芝資料0002

もちろん、子どもたちの関節というのはとても柔軟性が高いために、今すぐに関節に異常が

出るというリスクは小さいです。

しかし、関節へのダメージというのは年齢を重ねるにつれて少しずつ表面化していきます。

施工実績 サッカー 人工芝

そのため、小さい頃からできるだけ膝などの関節にかかる負担を小さくしておくことで、

成長した時に怪我の発生リスクを抑えて、怪我をし難い身体に成長して、

スポーツ選手なら選手生命の長い選手としてスポーツに取り組むことができます。

また、前述したように、夏場の熱中症予防にも効果があります。

サーモ

最近では熱中症リスクを下げるために、夏場の運動自体を控えることも少なくありません。

しかし、子どもたちにとって思い切り体を動かすというのはとても重要なことですので、

夏場でも運動を楽しめるというのはとても翁魅力だといえるのではないでしょうか。

屋外運動施設フットサルコートサッカーコート・園庭・校庭・公園)などの施工方法に、

関する【問合せ・各種資料請求】 や 【無料・見積提案依頼】 など、

お氣軽いにご相談ください。

連絡先 043-301-3297

笑土(わらど)Q&Aグラウンド整備施工手順