【砂利の仮設道路や駐車場の粉じん対策にはヘルシーストーン工法!】

こんにちは!

グラウンド公園園庭の土が風に舞い上がると、砂埃が住宅内にも入ってきて困る…

という苦情などは多いです。

特に冬場の乾燥する時期になるとどうしてもそのような悩みが増えてきますが、

グラウンドや公園以外にも同じような苦情が出ることがあります。

砂ぼこり

例えば、駐車場です。

駐車場は必ずしもアスファルトのものばかりではありません。

 

土の上に砂利を敷いているだけの駐車場は多いですし、土だけの駐車場もかなりありますよね。

砂利の仮設道路や駐車場は、最初の頃は砂利がしっかりと土の表面を覆っているので、

特に問題はありません。

しかし、時間が経過すると車が移動する度に砂利もずれていきますので、次第に土が見えるように

なっていきます。

砕石 砂利駐車場

そうなれば風が吹いた時や車が移動する度に砂埃が舞い上がるようになります。

砂埃が舞い上がる場合には散水するのも1つの手段です。

 

しかし、散水してもその効果は一定時間に限られます。

夏場になればあっという間に水は蒸発してしまうのですぐに乾燥した状態に戻ってしまいます。

さらに土が見えている状態で駐車場を使用し続けていると、デコボコになります。

雨が降ってぬかるみになると、さらに穴はどんどん深くなってしまいます。

 

そうなれば土もどんどん顕になるので悪循環になります。

そのような駐車場仮設道路に対しては、砕石舗装ヘルシーストーン工法での

施工がおすすめです。

であれば浸透性、保水性が飛躍的にアップします。

各種防塵対策ヘルシーグリーンヘルシーストーン工法)に関する【問合せ・資料請求】 

【無料・見積提案依頼】 など、お氣軽にご相談ください。

連絡先 043-301-3297