ヘルシークレー工法,プロテクショングリーン,土埃対策,防塵対策,グラウンド,校庭,運動場,土壌改良

【より安心・安全な日常・非日常も快適に暮らせる、ご提案を心掛けます!】

こんにちは!

今年は夏場の豪雨災害ゲリラ雷雨・猛烈な台風)によって被害全国各地で発生した年でした。

このような豪雨災害においては、大量の水が土砂崩れ、浸水といった被害を生み出しています。

この浸水というのはおどろくほどのスピードで進みます。

水が入り込んできた、と氣づいてから数分の間にあっという間に水でいっぱいになってしまうのです。

30年12月 ATTAC ヘルシークレー工法 河川敷運動場改良資料000130年12月 ATTAC ヘルシークレー工法 河川敷運動場改良資料0002

 

そんな時に、避難が完了するまでに雨水が流入、流出するのをできるだけ遅らせて、

避難の時間を稼ぐうえで効果的な方法があります。

記録的な大雨による急激な雑炊が原因で河川等にかかる排水負担をできるだけ

軽減するというのはとても重要なことです。

 

30年12月 ATTAC ヘルシークレー工法 河川敷運動場改良資料0003 30年12月 ATTAC ヘルシークレー工法 河川敷運動場改良資料0004

 

 

そこで役立つのが雨水浸透貯留循環システム【笑雨(わらう)工法】です。

これはグラウンド・運動公園駐車場に大量に流れ込んだ水や降雨時の雨水を

ヘルシークレー層を透水浸透し直接、雨水を貯留槽に貯め込むシステムになります。

 

砂質土岩瀬砂真砂土)を土壌改良し、浸透貯留させることもできるので、降雨等で溜め込んだ水で

通常時は防塵対策砂埃)抑制用の散水や植栽への散水に活用できます。

本来であれば役に立たないはずで、厄介者扱いの豪雨時の雨水が役立つのです。

 

雨水を溜めて再利用する方法というのはいくつもありますが、中でも笑雨わらう工法は、

土そのものを改良する方法です。

 

 

浸透した雨水だけをそのまま地表から浸透貯留できるシステムは他にありません。

良質土さえあれば、地下貯水タンクはどのようなメーカーのものでも問題ありません。

しっかりと対応できます。

 

雨水浸透貯留循環工法(室内サンプル)笑雨(わらう)システム

 

災害緊急時避難場所となる学校公民館併設されているグラウンド駐車場などに、

この雨水浸透貯留循環システムの笑雨わらう工法を取り入れることで、

豪雨時に溜めた水が、緊急災害時には緊急生活用水として活用することができるんですよ。

日常も非日常も両方ともに快適な暮らしが叶う施工方法や製品に関する

 

 

【資料請求・問合せ】 や 【無料・見積提案依頼】 など、

お氣軽にご相談ください。

連絡先 043-301-3297

8年前の貯水した水

【土の運動場の水はけ、水たまりを解消する方法はいくつもあります!】

こんにちは!

冬になると、雨だけではなく雪やみぞれ)による水たまりぬかるみ

闘わなければなりません。

グラウンド 水たまり

運動場の水はけ、水たまりを解消する方法はいくつもあります。

そもそも原因となっているのは、経年劣化等によって表面排水性能

(水が排水溝などに流れ出る傾斜)が保てなくなり、凸凹になっている土の運動場

の表面で凹んでいる箇所に泥水が集まり溜まってしまうことです。

 

そうなるとグラウンド園庭運動場公園)全体の水はけが悪くなって、

水たまりや土砂が同じ個所ばかりを流れて削られてできる、水道(みずみち)

ができる原因になります。

グラウンド 水みち

そのような場合にはグラウンドの表土を水勾配に敷均し転圧するという作業が、

グラウンドのメンテナンスにおいてお手軽です。

 

土の改良を現地で行った上で、グランドの水はけを改善し、

さらに透水性に優れている真砂土岩瀬砂)を使用することで、降雨等によるが

水はけを改善し、あとは水勾配(凸凹)を改善すれば雨が降った後の水たまりなどを

解消できます。

改良岩瀬砂 運動場用 岩瀬砂

また、降雨後の水たまりやぬかるみがいつまでも残っているような場合には、現状土を利用することができるのであれば、利用すると大幅にコストを下げることができます。

 

ただし、雑物、小石などが無い場合に限ります。

また、地中に浸透、透水性能を長期間持続をするうえで効果的な改良土、【ヘルシークレー工法】

すると根本的なグラウンドの使用環境を改善できます。

グラウンドの水はけを良くするためには、グラウンドの土をすべて入れ替えなければならないと

思われている方も多いです。

しかし、それでは非常にコストがかかりますし、施工期間も長くなります。

 

そのため、コスト、時間ともにできるだけ抑えたいと思われるのであれば、

是非一度弊社までお問合せください。

連絡先 043-301-3297

現場の愉快な仲間たち

このままwed上からの【問合せ・資料請求】 や 【無料・見積提案依頼】 など、

お氣軽にご依頼ください。

【日常と非日常の両方で水源確保・利用が可能な笑雨(わらう)システム!】

こんにちは!

弊社の笑雨わらうシステムは、土壌改良したヘルシークレー層をほぼ雨水だけを透水し、

浸透させたうえで貯水するというとても画期的なシステムです。

雨水浸透循環システム

透水性砕石舗装であるヘルシーストーン工法、そして透水性保水型土舗装である

ATTAC/ヘルシークレー工法の両方と雨水貯留槽を合わせて施工します。

この笑雨(わらう)工法は、表層の表面乾燥を保水機能により普通の土よりも防塵効果が

期待できます。

グラウンド(運動場・公園・園庭)の土がカラッカラに乾燥している時、強い風が吹いて大量の粉塵が

舞い上がっているのを見たことがあると思います。

これはグラウンドに限らず、土の広場、公園などあらゆるところで発生しています。

粉塵抑制

このような粉塵というのは、コンタクトをしている方に限らず、目に入ると強い痛みを感じます。

また、小さな子どもというのは、このような粉塵を上手く回避することができずに、一日中目が

ゴロゴロして痛いままになってしまうこともありますよね。

 

しかし、この雨水浸透貯留循環システムで作り上げた屋外施設というのは、

乾燥した時の粉塵発生量を大幅に軽減します。

目に粉塵(砂ぼこり)が入ったり、周辺の住宅に迷惑をかけてしまうことも激減します。

公園 園路 透水性舗装

また、公園やグラウンド(園庭・運動場)などの表土グチャグチャな泥濘ビチャビチャな水たまり

の発生を抑制・改善するクレイ舗装専用の施工方法のATTAC/ヘルシークレー工法で施工するので、

人が触れて使用する表面は快適に利用でき、降雨中の雨水は素早く透水・浸透し地下に直接貯水し、

夏場の高温時には草木などへの散水用の水源として使用できます。

ATTAC工法雨水流出抑制土

さらには、オールシーズンで表面が乾燥した時の防塵対策に散水用の水源としても利用可能です。

通常時には防塵対策や草木等に散水用の水源として、非常時(災害震災)時には避難時の

緊急生活用水としての利用もできます。

地下貯留構造

 

日常と非日常の双方に対応可能な【笑雨(わらう)システム】に関する【問合せ・資料請求】 

【無料・見積提案依頼】 など、お氣軽にご相談ください。

連絡先 043-301-3297

 

【改良した層から雨水だけを浸透し貯水して使える笑雨(わらう)システム!】

映像の透水性砕石舗装ヘルシーストーン工法』と透水性保水型土舗装【ヘルシークレー®工法】 

雨水貯留槽を合わせた特許工法【笑雨(わらう)工法】 は乾燥時の粉塵発生を

抑制し(雨水を改良した層の保水するため)

雨水浸透貯留循環工法(室内サンプル)

 

防草効果も発揮して管理面のランニングコスト軽減にも繋がります。

画像ではソーラーパネル周り防草用として北陸地方富山県内

粉砕・再利用して透水性保水型砕石舗装にした画像です。

DSC_5953

 

普通の砕石・砂利舗装との違いは映像(一番上部)でご覧いただいたように、

透水・浸透性能が格段に向上しているために局地的集中豪雨・雷雨猛烈な雨などの

局地的(ゲリラ豪雨)・大雨などの迅速な排水性能を発揮します。

地中に暗渠排水管を埋設した場合は相乗効果で、さらに震災災害対策になります。

雨水貯留パンフ

仮設住宅周り・駐車場仮置き場仮設道路などで幅広くご活用いただけます。

御問合せ先 043-301-3297

web上からはこちらをクリック して簡単な問合せフォームにお進みいただけます。

 

 

【流入土砂を抑制し、水だけを貯水することで様々なものに利用できます!】

我が社が誇る特許技術笑雨わらうシステム」についてご紹介します!

【笑雨(わらう)システム】というのは「ATTAC/ヘルシークレー工法」と「雨水貯留槽

との組み合わせによるシステムです。

笑雨(わらう)システム

ほぼ雨水だけを素早く浸透貯水します。

流入土砂を抑制し、キレイな水を貯水することで様々なものに利用できます。

 

実際に、雨水浸透貯留システムによって貯水された水は飲めるくらいにきれいなんです。

雨水浸透貯留循環システムに貯水するメリットはたくさんあります。

 

蒸散作用によるヒートアイランド抑制・減少対策(乾燥時に散水利用)

・節水目的(植物や砂ぼこり対策の散水用水として利用)

震災災害時のための貯水(非常時の生活用水として利用)

土壌改良工法ATTAC/ヘルシークレー工法で改良した土壌は、透水・保水性に優れ、

路面温度をぐっと下げることで、ヒートアイランド現象を抑止します。

夏場に限らず、気温が高い日には路面温度が急上昇します。

従来のクレー舗装に比べると、平均3度から5度も路面温度を下げることができますよ。

ATTAC/ヘルシークレー工法

例えば、公園グラウンド子供達が遊び走り回る場所、犬などのペットが走り回る場所は大人に比べて、

路面に近いため、輻射熱等による熱中症になるリスクが高まります。

大人にはそこまで暑さを感じなくても、路面に近い場所にいるペットや子供は熱を感じやすいですよね。

 

大切な子供達やペットの熱中症予防にも役立ちます。

また、最近増えているゲリラ豪雨対策にも大きく役立ちます。

保水層と貯水槽の2つの働きによって雨水を上手く流出抑制します。

常識外豪雨災害台風・震災・豪雨)に対しての予防・対策にも役立ちます。

貯留した水は再利用できますので、ただ水を貯めるだけではないというのはとても

大きな魅力です。

とてもメリットの多い笑雨(わらう)システムですが、雨水貯留槽をコンクリートなど

で施工する大掛かりな貯留槽ではなく組み立て式で、その場所の地形や貯水したい量により、

形を自由に変えられて、資材の過剰購入などもないので、大幅なコスト削減でありながら、

工期短縮を実現しています。

サーモ

屋外施設駐車場校庭園庭公園・グラウンド等)に防災機能をご検討中の方からの

【問合せ・資料請求】 や 【見積提案依頼】 など、お氣軽にご相談ください。

連絡先 043-301-3297

 

 

【ほぼキレイに浸透貯水した雨水を再利用可能な笑雨(わらう)工法!】

みなさんこんにちは!

前回は当社の雨水浸透貯留循環する【笑雨(わらう)工法】

ついて簡単にご紹介しました。(前回内容はこちら)

どのくらいの広さで、どのくらいの水を貯水できるのか…

というお話をさせていただきましたが、今回はこの溜め込んだ水をどのように

再利用するのかをご紹介していきます。

当社の雨水浸透貯留循環する笑雨(わらう)工法は貯留槽、そしてATTAC/ヘルシークレー工法との

組み合わせによる独自の特許技術です。

土はもちろん、芝生アスファルトなどどのような表層に対しても施工できます。

ATTAC/ヘルシークレー工法土壌改良を行い必要な水は改良層に保水し、その気化熱

よって蒸散作用が得られるので、これまで一般的だったクレー舗装に比べて

3度から5度、アスファルト舗装に比べると最大で15度もの温度差を実現できます。

(路面温度の差)

サーモ

アスファルトコンクリートの多い都市部におけるヒートアイランド現象を対策するうえでも

とても効果的です。また、台風ゲリラ豪雨などによって大量に溜め込まれた水は、

火災時などの防火用水、防災用水として再利用可能です。

この溜め込まれた水は、土壌改良された【ATTAC/ヘルシークレー】層を浸透して、

泥や砂といった成分が非常に少ないため、非常時生活用水としても利用できます。

ライフラインが機能していないような緊急時にも役立ちます。

もちろん緊急時以外にも通常時でも樹木や草花や砂ぼこり対策への散水に活用できます。

屋上緑化壁面緑化に対しての散水用にも利用できます。

緑化をする場合には、非常に多くの水が必要になりますが、それらを台風時ゲリラ雷雨時に

溜め込んだ水で賄うことができるというのは非常に魅力的だと思いませんか?

急な大雨は嫌なことばかりではなく、その雨を貯めて日常の中で活かすことができるのが

この雨水浸透貯留循環できる笑雨わらう工法なんです。

笑雨(わらう)システム

【資料請求・問合せ】 や 【見積提案依頼】 などお氣軽にご相談ください。

連絡先 043-301-3297

【雨水を浸透貯水して乾燥時は貯めた水をいつでも使える笑雨(わらう)工法!】

こんにちは!

毎日蒸し暑い日が続いていますね。

毎日蒸し暑くて熱中症にならないように…というのはもちろんですが、

もう一つ氣をつけておかなければならないことがあります。

001

それはゲリラ豪雨です。

ゲリラ雷雨は近年になって急激に頻度が増えています。

急な大雨でビショビショになったり、土のグラウンドやサッカーコートべちゃべちゃ

なってしまう…というのはやっぱり困ります。

泥濘・水溜りグラウンド

でも、この台風やゲリラ豪雨は、必ずしも悪いことばかりではないんです。

ゲリラ豪雨をうまく利用すれば、日常生活において様々なメリットを生み出すことができます。

そこで、当社では、雨水浸透貯留循環利用する【笑雨(わらう)工法】の導入を

おすすめしています。

この雨水浸透貯留循環システム…なんだか難しそうな言葉に思われるかもしれません。

でも、そのメカニズムはとっても簡単なんです。

簡単に言えば、ゲリラ豪雨時はもちろん、振った雨を浸透貯留循環させる笑雨わらう工法

利用によって、ほぼキレイな水だけを溜め込みます。

そして一時的に溜め込んだ雨水を再び利用する、というシステムになります。

今年の夏のように、急な大雨が数日続いたかと思えば、今度は雨が降らない日が何日も続く…と

いった時、一度にまとまって降った雨が晴天の日に大活躍してくれるんです。

貯水量は、サッカー場1面であればなんと1000トンの水を貯め込むことができます。

これは小学校のプール2.5杯分に相当します。(貯水量は変えられます)

駐車場2台分なら貯水量は20トンです。(貯水量は変えられます)

家庭浴槽100杯分に相当します。

笑雨(わらう)システム

では、この溜め込んだ水をどのように再利用するのかは、次の機会にご紹介したいと思います!

【水不足の際も浸透貯水した融雪・雨水を循環利用する笑雨(わらう)システム!】

 

災害水害・震災等)で広域避難場所近隣学校校庭公園広場などですが、

備蓄により飲み水等はペットボトルなどがありますが、ライフライン(水道管)の寸断により生活用水が

断水状態避難場所での生活用水(トイレ用水や体を拭く水や衣類の洗濯水)の確保が困難になります。

また、日照りにより水不足などで農作物への影響など水の確保治水対策が重要です。

笑雨(わらう)システム

そこで地上に降り注ぐ雨水融雪水透水性保水性能を普通の土よりも格段に向上させた

ATTAC/ヘルシークレー®」層を雨水だけを素早く浸透させて地下の雨水貯水層に貯めることが可能です。

災害時震災等)の非常時以外の利用方法は学校グラウンド公園・園庭・多目的広場で土の表面が、

乾燥して起こる粉塵土埃砂ぼこり)が発生する時に散水用の水として利用できます。

aa3ba0de261dc560bb753601ea7fbb46

 

こちらの特許工法雨水浸透貯留循環笑雨(わらう)システム」のお問合せは043-301-3297

web上からはこちらをクリックして 問い合わせフォームより宜しくお願いいたします。

 

 

【打ち水効果で熱中症対策!氣化熱効果で高原の涼しさを!】

こんにちわ、営業の杉原です。

新聞、テレビニュースでも毎日のように今夏の猛暑が伝えられています。

特に熱中症には気をつけましょう。対策は水分補給が一番のようですね。

当社施工製品のATTAC/ヘルシークレー工法砂埃、水溜り・泥濘を改善する土壌改良工事です。

2018-06-22 10.46.40

そして夏場に活躍するのが「気化熱効果による熱中症対策に効果あり」なのですが、氣化熱とは・・・

水が蒸発(氣体になるとき)する際、周囲の熱を吸収してくれるのです。

打ち水をしたとき、熱せられた庭やアスファルトの周辺空間の熱をうばってくれるので涼しくなります。

gf1420076402

ATTAC/ヘルシークレー工法で施工後はその保水性向上で長時間、打ち水効果が維持できます。

夏は暑いのが当たり前ですが、高原の涼しさが身近にあったら気持ちいいでしょうね!

HC気化熱現象

当社ではこの他、防塵対策に特化した「ヘルシーグリーン」施工、

ATTAC/ヘルシークレー工法」とヘルシーグリーンを組合わせた笑土(わらど)施工があります。

もちろんお客様のご要望に応じて多様の製品・施工をご用意しております。

お問合せ・資料請求お見積依頼現地調査など無料で承っております。お氣軽にご相談ください。

連絡先 043-301-3297

 

 

 

 

 

【災害級の大雨対策で減災に繋がる雨水貯留循環システムの映像!】

choryuu

数日間、西日本を中心に豪雨災害避難を余儀なくされて

いる方々のご無事をお祈りいたしております。本日は、

避難する際に雨水の流入・流出を遅らせて避難時間を増やす

事も期待できる方法について少し話させていただきます。

災害級など記録的大雨急激増水河川排水施設への流入負担を

大幅に軽減し防災減災に繋がる雨水浸透貯留循環システムの映像です。

グラウンド駐車場などに降った雨を『ヘルシークレー層を通水浸透して貯めるシステム

で、雨水をまさ土土壌改良した改良層浸透貯留させて、夏日には

貯めた水で散水を行い、断水時などには緊急用の生活水としても利用できます。

御問合せ先 043-301-3297

笑雨(わらう)システム