ヘルシークレー工法,プロテクショングリーン,土埃対策,防塵対策,グラウンド,校庭,運動場,土壌改良

【記録的豪雨後の笑土(わらど)採用の学校運動場画像!】(千葉)

工事内容について、前に別の自治体様に御採用いただきました校庭整備工事

画像を交えて説明させていただきます。

去年の台風の中、一昨年の4月に笑土工法透水性保水型舗装)で

施工した千葉市内学校グラウンドと4年前に同工法で施工した千葉市内の学校

記録的短時間大雨中と降雨後2時間経過時の写真をアップします。

7月3日の千葉市内 豪雨中のグラウンド画像7月3日の千葉市内 豪雨後2時間で遊べるグラウンド画像

嬉しかったのが集中豪雨による避難勧告が出た雨量が降ったのに2時間後に、

子供達グラウンドで遊んでいる姿を見ることができ本当に嬉しかったです^_^

次の画像が5年前に『笑土工法 わらどこうほう』で施工した学校グラウンド降雨中と降雨後

2時間の画像です。

豪雨中の学校グラウンド画像ゲリラ豪雨後、2時間後の画像

これからも子供達笑顔のために、がんばります。

既存施設の改修(案)や設計業務資料請求・見積り依頼は043-301-3297まで、

御気軽にお申し付けください。

web上からは『こちらより』簡単記入フォームにお進みいただけます。

笑土工法

【従来より建設コスト削減し暗渠管まで確実に雨水が浸透する改良土!!】

運動場園庭やグラウンド)など屋外のクレイ『土』グラウンドの下に

雨水を透水浸透させて排水を行い校庭公園広場などの水はけ改善目的で

排水設備U型排水溝・埋設型暗渠排水管)を設計・敷設しても表層(表面に見える土)や

中間層が普通の粘性土で、浸透しにくい施工を行った場合は残念ながら効果は期待できません!

運動場の土壌改良工法中々透水・浸透しないのでと一緒に表面排水されて道路排水溝だけが溜り

グラウンド表面流出が起こります!!

経年劣化グラウンドが当初の計画高さ『水勾配』が崩れて(雨水と一緒に表土も流出するため)

大きな水たまりの発生や乾燥続きの日には粉塵砂ぼこり土埃)が起こります

今!既に暗渠排水管があるグラウンドでも無いグラウンドでも

上記映像のように ヘルシークレー®工法 表層現地改良を行う事で

本来の暗渠排水機能を発揮して、表層もベストコンディションを保てます。

普通のクレイグラウンドなど屋外運動施設降雨中雨水は7割~8割は表面排水です。

粘性土砂質土や両方を混合した混合土でも同じです。

表面排水で排水しきれなかった残り2割~3割程度の雨水水たまりの元)を

ヘルシークレー®工法  は改良した土に素早く浸透させて暗渠排水管があれば排水を行い、

無くても保水して降雨後水たまりぬかるみ原因の残り水を抑制します!!

雨水流出抑制土透水性保水型土系

今ある施設排水環境(暗渠菅)を活かす方法設計計画中のグラウンド園庭学校運動場

などの暗渠排水施設を有効活用に透水性保水型土舗装『ATTAC/ヘルシークレー®』が、しっかりと!

浸透・透水して暗渠排水管に到達させます!

透水・保水機能に優れた土壌改良工法ATTAC/ヘルシークレーなら従来の半数以下の暗渠排水管施工

設計・施工が可能になり建設コストを削減できます。詳しくはどうぞ!御気軽に御問合せください。

グラウンド 補修

問合せ先 043-301-3297 web上からは こちらをクリック  して

問合せフォームにお進みください。

 

【記録的な豪雨に対する総合治水対策には笑雨(わらう)システム!】

透水性保水性能を向上し雨水流出を抑制する

土壌改良工法の【ATTAC(アタック)】『ヘルシークレー®工法』砕石路盤透水性

格段に向上する路盤改良工法のヘルシーストーン工法を合わせて

記録的な集中豪雨などの降雨による雨水を素早く確実に浸透・透水を

行い総合治水対策が可能になります。

表層改良土ヘルシークレー®駐車場などの開粒アスファルト舗装(透水性)

に置き換える施工も可能です(特許工法)

地下貯留構造

人が普段、スポーツや遊びで利用するグラウンド公園災害時には避難場所になり

避難場所のアスファルト駐車場の両方で総合治水対策が可能な『笑雨システム(わらう)』

のご紹介をさせていただきました。

お問合せ先 043-301-3297

笑雨(わらう)システム

 

【人もグラウンドも水分補給で涼しい夏を!熱中症対策には保水力!】

営業の杉原です。

千葉市内は今日も朝から晴天ですが日差しが厳しいです。

外で作業されている方、運動しているお子さんたち、日本の皆様、熱中症対策は大丈夫でしょうか。

熱中症対策に水分補給はかかせないのですが、冷やし過ぎず、こまめにゆっくり飲むことが良いそうです。

5106930

当社、土壌改良「笑土(わらど)」工法「ヘルシークレー®」工法の施工後も水分補給が必要です。

但し、一度散水してあげればその優れた保水性により長時間、土中に水分を保つことができます。

よって、常にその場所が長期間に渡り涼しく感じられ、熱中症対策に有効なのです。

「砂ぼこり」、降雨後の「水溜り」「ぬかるみ」に大きな効果を発揮する工法が、

透水性保水型土系

私たちの健康にも一役買っていました。

当社施工に関する見積り資料請求は無料で承っております。

ご遠慮なくお申し付けください。

連絡先 043-301-3297 担当 杉原までご相談ください。

人工芝の下地 園庭

【全国トース技術研究組合(ATTAC)と専用実施権の同意調印式に出席しました!】

平成29年6月8日の先週に福岡県久留米市所在の【全国トース技術研究組合】 さんと

弊社と㈱シーマコンサルタント共同特許権者として国土交通大臣認可国官技第236号)】の

ATTACアタック工法に関連する【雨水地下貯留構造】 専用実施権同意調印式

特許権者として出席してきました。

全国トース技術研究組合との同意式 1496914527454

これから梅雨が明けてからの台風局地的集中豪雨ゲリラ豪雨)等による急激な河川や

排水インフラ施設雨水管)への雨水流入抑制し、震災などの災害時には地下貯留した雨水

非常用生活用水として利用でき、通常時はグラウンド公園等の砂ぼこり発生抑制熱中症予防対策

として地表に散水してヒートアイランド現象の抑制にまで繋がるように今後、組合員として技術の更なる

向上を目指してまいります。

ATTAC(アタック)工法

国土交通大臣認可国官技第236号)のATTAC(アタック)工法 雨水浸透地下貯留に関する

問合せ先は0942-30-1010 全国トース技術研究組合事務局 

担当 辻(つじ)までご連絡お待ちしております。

全国トース技術研究組合

笑雨(わらう)システム

 

 

 

 

【暗渠排水管を長期間機能させ続けるには表土選定が最重要!】

せっかく園庭校庭など屋外クレイ『土』グラウンドの土中に

雨水浸透させて排水を行い校庭公園広場などの水はけ改善目的で

暗渠排水管を敷設しても表層(表面に見える土)や中間層の土が普通の粘性土

設計・施工を行った場合は残念ながら地中埋設施設暗渠排水管までの浸透は期待できません!

中々、透水しないので泥と一緒に表面排水されて道路排水溝に泥だけが溜り、

グラウンド表面の土の流出が起こります。

経年劣化でグラウンドが当初の計画高さ『水勾配』が崩れて水道みずみち)『土が削られる

(雨水と一緒に表土流出するため)

大きな水たまりの発生や乾燥続きの日には粉塵砂ぼこり土埃)が起こります。

 

今!既に暗渠排水管があるグラウンドでも無いグラウンドでも

上記の画像のように 『笑土工法』 で表層の土を現地改良を行う事で

本来の暗渠排水機能を発揮して、表層もベストコンディションを保てます。

普通のクレイグラウンドなど屋外の運動施設は降雨中の雨水は7割~8割は表面排水です。

粘性土や砂質土や両方を混合した混合土でも同じです。

最新版 ヘルシークレー説明資料 1最新版 ヘルシークレー説明資料 2

表面排水で排水しきれなかった残り2割~3割程度の雨水(水たまりの元)を

笑土工法』に改良した土に素早く浸透させて暗渠排水管があれば排水を行い、

無くても保水して降雨後水たまりぬかるみの原因の残り水を抑制します。

暗渠排水 イメージ 画像

既存施設排水施設を活かす方法など設計業務提案用

【資料請求】【無料・見積依頼】など御気軽に御問合せください。

屋外運動施設グラウンド・園庭などの設計検討)は専門企業にお任せください♪

問合せ先 043-301-3297

 

 

 

【熱中症対策(予防)や集中豪雨対策も兼ねた工法!】

屋外競技施設クレイグラウンド人工芝ゴムチップ舗装)などの新規計画設計業務

現施設の改修方法や内容について検討中の施主様(民間・自治体)や設計会社様の各種資料提供や

設計補助をさせていただきます♪

各種サンプルや予算・用途に合わせた御提案が可能です。

カラーゴムチップ サンプルロングパイル人工芝

独自性のある『製品・改良工法』から一般的な運動施設建設に関する施工方法・製品の

御提案をさせていただき、比較検討資料等の作成も可能です。

施工予定場所に掛けられる概算費用御要望に合わて各種対応可能です。

予算請求 見積り熱中症・ヒートアイランド現象抑制

クレイグラウンド学校校庭園庭人工芝コートの資料請求・積算設計補助などの御依頼を

御気軽にお申し付けください。

電話番号043-301-3297

運動中熱中症対策予防)や局地的集中豪雨などの雨水流出抑制も兼ねた

クレイグラウンド専用の『笑雨(わらう)工法』もございます。

仮設道路・置き場・路盤材の『泥濘対策!』にヘルシーストーン舗装‼

仮設駐車場置場道路路盤材として透水性保水型砕石舗装

ヘルシーストーン工法で施工を行うと降雨時には素早く雨水浸透させて

砕石舗装路盤・砂利舗装)の表面の泥濘抑制し!改良層に保水もするために乾燥時

粉塵抑制します!!

仮設 砂利駐車場

御問合せ先 043-301-3297

 

【雨水の排水と防草効果を兼ねて車両・機内から視界を確保します!】

東海道 松並木 防草

ご覧いただいております画像は静岡県三島市内を通る国道1号線に繋がる

合流箇所見通し改善確保するために【ヘルシークレー®工法】防草対策

仕様にて施工して車両機内滑走路脇の掲示板)の視界確保に成ります。

道路 合流箇所 防草

降雨中に撮影しましたので道路アスファルト)は濡れて流れているのが

確認していただけると思いますが、防草視界確保目的に施工しました、

【ヘルシークレー工法】は(水たまり)などは確認できず、改良して浸透性を通常の土よりも

向上しているため雨水を素早く地中浸透貯留することができます。

【問合せ・資料請求】 や 【見積提案依頼】 などお気軽にご相談ください。

連絡先 043-301-3297

 

【国土交通大臣認可・全国トース技術研究組合(ATTAC)に加入しました!】

今回、グラウンド校庭園庭運動場整備工事泥濘砂ぼこり水はけ等を

改善・対策する土壌改良【ヘルシークレー®工法】 の基本技術工法(ATTAC)

国土交通大臣許可国官技第236号)の【全国トース技術研究組合】として認可されました。

英文名 All japan Tohsu Technical Association in Civil engineering (略称:ATTAC

全国トース技術研究組合

弊社も今回、研究組合員として参加することになります。千葉県東京都埼玉県内で技術施工を

行えます。全国トース技術研究組合の取り組み内容は、

1.本組合は、自然災害異常降雨など異常気象による災害増加が懸念される状況の中で、自然災害の抑制、雨水の河川流入の削減、温暖化による表面温度上昇抑制などの課題を解決するための事業を行う。

2.透水保水を基軸に必要とされる災害対策や、温暖化対策、その他への応用研究を行い、実用化に向けて、連携を図る。

3.事業化するためには、実用の範囲の研究、実用化するための性能研究、性能特性、施工方法の確立、実用化可能な技術能力者の育成などが必要である。
また、特性を活かした技術は多岐にわたる可能性があり早期に研究課題の結果を事業化していく必要がある。

国官技第236号 東京都

弊社の培ってきた経験と実績データーを活用して自然災害の発生リスクを抑制できる

更なる技術の発展に貢献し、各地域住民の方々が安全に楽しい生活が送れて

災害時にも被害を最小限に成るように研究組合員として貢献を目指します。