「ヘルシークレー工法と他工法の比較」- ヘルシースポーツ建設株式会社
土壌に優れた透水性と保水性を持たせることにより、
砂ぼこり・土埃・ぬかるみを防ぎ、ヒートアイランド現象も解消します。

残土を生まれ変えるヘルシークレー工法は、工期、コスト、土埃対策、排水性と透水性、耐久性に多くの長所があります。

土壌の硬さが自由に変えられるため、使用者の条件に配慮した調整が可能img 団粒化剤を用いて土質改良と土壌改良を行う「ヘルシークレー工法」と、他の土質改善および土壌改善の工法との比較を行いました。低コストの施工条件に応えることができるか、工事の期間、防塵性や、透水性、保水性、防草効果はどれくらいか、運動や歩行の際の衝撃などについて比較しました。 各工法には一長一短があったものの、「ヘルシークレー工法」には多くの長所があることを再確認することができました。

通常、土壌改良や土質改良といえば、表層土を掘削して捨て、新しい土を購入して運び込む工法が取られます。この環境にも悪くコストもかさむ従来の工法に、「ヘルシークレー工法」は、待ったをかけました。
団粒化剤を用いて撹拌することで、現況土の団粒化を促進。「ヘルシークレー工法」は、残土が発生しにくいため、残土関係の機材費や人件費、処理代がほぼかからなくなります。また、新規の土もほぼ不要のため、購入費用、作業料金、重機代がほとんど不要。大幅な工事費用のコストダウンを実現します。
また、短工期であることからも、作業員の人工を大幅に圧縮できるため、総合的な観点では、画期的とも言えるほどのコストダウンが可能です。メンテナンス も、散水とローラーをひくだけで機能は持続するため、運用費までも圧縮。「ヘルシークレー工法」は、多くのメリットと環境対策を加えながら、大きなコスト 削減を提供することができます。