「バイブロスクリーン工法のご案内」- ヘルシースポーツ建設株式会社
現況土の80%を再利用できる画期的な土質改善工法。
大幅なコストダウンを実現しながら環境に配慮。
バイブロスクリーン工法画像01

土壌改善や土質改善において、従来の改修工事では、現況土を掘削、積込、運搬処分を行う必要があります。しかし、バイブロスクリーン工法では、雑物を取り除くことから土質改良を実現するため、これらの工程は必要ありません。

この工法では、バイブロスクリーンという、振動スクリーンを使用することにより、雑物(ガラス片、石等)だけを除去します。およそ、約80%の現況土を再 利用できるため、新規の材料購入費は20%ほど。徹底的なコストダウンとともに、環境対策も実現できる画期的な土壌改良や土質改良の新手法です。

主にグラウンドや公園、遊歩道、競技場などで導入されてきた工法ですが、特殊な施工例として、稲毛海岸の砂浜のゴミ清掃クリーン作戦に参加した実績があります。

導入のメリット

◆高いコストパフォーマンス
残土処理の費用、新規材料購入の費用、人工の減少を実現するため、画期的なコストダウンが可能です。

◆短工期
残土処理や新規材料の運搬が少ないため、短工期で済みます。

◆工事中の土埃など減少
残土処理や新規材料の運搬が少ないため、トラックなどの出入りが減少し、周辺住民や周辺環境に配慮した工事を実現できます。

◆工事中の騒音減少
残土処理や新規材料の運搬が少ないため、トラックなどの出入りが減少し、周辺住民や周辺環境に配慮した工事を実現できます。

◆アイデア次第でさまざまな利用用途
バイブロスクリーンの雑物選別機能を活かした「稲毛海岸のゴミ清掃クリーン作戦」など、アイデア次第で多種多様な可能性があります。

◆地球環境への配慮
上記メリットが複合要因となり、さまざまな面から地球環境への配慮を実現します。

こんな用途・場所におすすめします。

●おすすめ用途
環境対策、ヒートアイランド対策、災害対策(ゲリラ豪雨・洪水・地震)、水道再利用、土埃対策、ぬかるみ対策、地面冷却対策、路面冷却対策、排水・水はけ対策、防草対策、コストダウン対策、土壌改良・土質改良対策、団粒化、など

●おすすめ施工箇所
各種屋外施設:グラウンド、校庭、競技場、サッカー場、競馬場、フットサル場、テニスコート、陸上競技場、野球場、ラグビー場、ランニングコース、公園、遊歩道、緑地帯、花壇植栽、植栽枡、芝生下地、空き地、駐車場、中央分離帯、など
動植物関連施設:農園、農場、牧場、鶏舎、豚舎、牛小屋、植物園、動物園、など
各種公共・商業施設:病院、公共施設、庁舎、ショッピングセンター、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、各種学校、など

LINEで送る