土の運動場では、雨水がキチンと排水される水勾配が必要です!

こんにちは!

グラウンド水はけというのは、野球サッカーをはじめ、屋外で行うスポーツ

練習や試合の結果に大きく影響するものです。

何日も雨の日が続くような梅雨時期、雪が続いてなかなか屋外で練習できない

冬時期などには、晴れた日くらいはグランドで思い切り練習したいものです。

 

土のぬかるみ 水たまり

しかし、天候が良くなったからといって、すぐにグラウンドが使えるわけではありません。

コンディションの良い状態で練習や試合ができるのかといえばそうではないのです。

プロのスポーツ選手が利用するグラウンドというのは、グラウンドキーパーによって、

グランドをできるだけ最高の状態にできるよう、整備やレインカバーを使用します。

レインカバーを使用すると同時に、雨が止めば即座にグランド整備を行い、選手たちが

プレイできるように整えてくれるのです。

しかし、普通のグラウンドでカバーを使用することはほぼありません。

ブルーシートを使用することくらいはあるかもしれませんが、専用のレインカバーを使用する

ことはないでしょう。

だからこそ、グラウンドはできる限りのグラウンド整備を行うことで水たまりの解消や水はけ

良くする必要があるのです。

岩瀬砂敷均し グラウンド改修工事

例えばグラウンドの傾斜(降雨時に水が排水される水勾配)高さを整えて、水がジャンジャン

排水施設に流れていくように傾斜を調整するなどすると水はけがよくなります

ただし、これはあくまでもグラウンドの土の量が十分にあり、水勾配がある程度保たれている

状態に限ります。

もしも何度も補修改修グラウンド整備をしても、水はけが改善されないのであれば、

一度弊社までご相談ください。

校庭 改修 改良 工事 比較画像

屋外の土でできている施設(公園園庭校庭神社・お寺の境内)などで、

グチャグチャぬかるみジャリジャリ砂埃ビチャビチャ水たまり

お悩みな方や施工を設計計画中の方からの【問合せ・資料請求】 

【無料・見積提案依頼】 など、お氣軽にご相談ください。

 

予算請求 見積りグラウンド 補修