ヘルシークレー工法は、散歩や運動中の熱中症予防にも効果が期待できます。

こんにちは!

ヘルシークレー工法は、熱中症予防効果的であり、散歩や運動中の熱中症

よる体調不良を訴える人が増えている現在、需要が高まるのではないかと

考えられています。

このヘルシークレー工法は、屋外施設園庭校庭公園グラウンド)などで

使用されている現況土か新規購入土(岩瀬砂真砂土)に対して、団粒化剤を

配合します。

ATTAC・ヘルシークレー工法資料0001

そうすることで、土を団粒構造に変化させて、浸水性保水性を飛躍的に向上

させられます。

土壌改良にはもちろん、土質改良において高い効果を発揮してくれる施工方法です。

 

用途に合わせて土壌の硬さを調節できますので、土を適度な柔らさを必要とする

グラウンド、園庭、校庭さらに公園や硬さを増して遊歩道など様々な場所に

使用できます。

3a5fa6879a3f6d552db04400962f40a5

このヘルシークレー工法による保水量は、10センチの厚みを土壌改良施工すると、

1平方メートル(1m*1m)あたり約20リットルもの水分を保水できます。

時間をかけて少しずつ気化していきますので、地面の熱が上昇するのを抑えてくれます。

 

保水できる量以上の水分は土壌に吸収されていきますので、地面がベチャベチャに

なるわけではありませんし、走りにくさ、運動のしにくさを感じるようなものでは

ありません。

特に子供が遊ぶ公園、公園の遊歩道などのお年寄りが安全に安心して利用できるように、

施工することで、人々や一緒に散歩するペットの熱中症予防に効果的です。

子供は頭の位置が大人よりも低いために、地面からの照り返し、地面の熱によって

熱中症を発症することがとても多いです。

(地表から平均60cmの間が輻射熱の影響があると言われています。※諸説あり)

看板犬 モコ サムネイル

そのような理由から、地面の熱を少しでも下げるというのは、熱中症対策として

非常に効果的です。

 熱中症予防コロナ対策など日々大変ですが、だからこそ管理・運営施設側ができる

対策は最大限しておきたいものですよね。

3人工芝 下地 ヘルシークレー

屋外運動施設園庭校庭公園グラウンド人工芝コート園路)などの施工方法

関する製品や工法についての各種お問合せ・ご依頼は、下記の必要項目をクリックして

いただくと直接、各問合せ・依頼フォームにお進みいただけます。

お問合せ・無料資料請求】 【無料・見積り提案依頼

芳次専務 サンプル作成 スペシャル