笑雨(わらう)システムは降雨を地下浸透貯水して断水時に利用できます!

こんにちは!

前回お話をさせていただきました笑雨(わらう)システムについてご紹介します。

前回のお話はこちらからご覧ください

笑雨(わらう)システムは万が一の時の非常用水確保することができる魅力的な

雨水浸透貯留循環システムです。

雨水地下貯留槽ヘルシークレー工法とのあわせ技になります。

雨水浸透貯留循環工法(室内サンプル)

表層面が土や芝生アスファルト透水性)といったあらゆる要素に対して

施工することができます。

気化熱が発生することによる蒸散作用で今までのクレー舗装に比べると

最大で5℃前後、アスファルト舗装であれば10℃前後の温度差(路面温度)を

実現することができます。

3a5fa6879a3f6d552db04400962f40a5

これはヒートアイランド現象を抑制するうえでも役立ちます。

さらに保水層(ヘルシークレー)と雨水貯水槽による施設外への雨水の流出

抑制することができますので局地的集中豪雨などの非常災害対策においても

効果を発揮してくれます。

1度地下浸透貯水した雨水は防災用水や日常用水(植物への散水・表面への打ち水)

としても利用することができますので災害時に水が使用しないという場合でも

有効活用できます。

ヘルシークレー層透水浸透した雨水は、泥などのシルト分が少ない雨水を貯水

できるのでトイレ排水(断水時など非常時)にも使用できます。

笑雨(わらう)システム

夏場などの熱中症などに対しては予防効果を発揮してくれますし大雨が降った時には

その水を貯めこんでくれます。

そして災害時断水)にはその水を有効活用できるというのはまさに実用的な

雨水浸透貯留循環システムだと言えるのではないでしょうか。

災害時の後断水時)に必要な水を確保するのは簡単ではなく、日々しっかりと意識して

おかなければなりません。

しかし、笑雨(わらう)システムなら意識をせずとも日常の降雨で、災害対策の準備

できますし、意識しなくとも熱中症予防豪雨災害対策をすることができるんですよ。

菜の花