水はけが悪く水たまりができやすい土の運動場には共通点があります!

こんにちは!

クレイグラウンドコート利用される方であれば、そのようなグラウンドの

水はけ水たまりが氣になったことが一度はあるのではないでしょうか。

このようなグラウンドの水はけや水たまりを効率よく解消する方法としては、

やはり運動場そのものの土質を改善する必要があります。

DSC_0656

経年劣化などによって土砂の流出や、偏った箇所に土が溜まってしまうことに

より水はけが悪く水たまりが簡単にできてしまい、なかなか水が引かない原因

なってしまいます。

水はけが悪く水たまりができやすい土運動場は、表面にある土を本来あるべき

水勾配(完成時の状態)にしてあげる必要があります。

サムネイル グラウンド現況土 鋤取り画像

今ある土をならして、一箇所に集まっている土の偏りをなくすことによって水はけを

ある程度は良くすることができます。

これは最も手軽でありコストのかからない方法になりますが、校庭園庭の利用状況

などによっては簡単に状態を改善できない場合もあります。

2018-06-22 10.46.40

今ある土をもう一度再利用しながら、適切に排水する傾斜を作るという施工を

行いますがその場合には土の改良そのものを現地で行います。

今ある土を利用することができる場合にはできる限り利用して土質を改善し、

水が浸透しやすくするヘルシークレー工法をおすすめいたします。

ヘルシークレー工法資料_page-0001

ヘルシークレー工法ではグラウンドの土を入れ替えているわけではなくコストを

最小限に抑えることができると同時に水はけを驚くほど改善することができます。

(※全ての土が再利用できるわけではございません)

土のグラウンドの水はけが悪くお悩みであれば、ぜひ一度お氣軽にご相談ください。

下記よりお客様の必要な項目をクリックしていただくと直接、弊社公式サイト内の

各お問合せ・依頼フォームへお進みいただけます。

お問合せ・資料請求】 【見積提案依頼