豪雨災害や台風での治水対策を行い濁りのない雨水を再利用できる工法!

こんにちは!

 

雨水浸透貯留循環する笑雨(わらう)工法ですが、降った雨水を再利用できると

 

いう特殊な工法です。

 

ではこのほぼ雨水だけを地下に浸透させて溜め込んだ水をどのようにして再利用

 

しているのかについて簡単にご説明します。

 

HC気化熱現象

 

雨水浸透貯留循環する笑雨(わらう)工法雨水貯留槽と、土壌改良工法

 

ヘルシークレーとを組み合わせた技術です。

 

芝生はもちろんですが表面が土アスファルト(透水性)といった表面がどのような

 

ものに対してでも施工をすることができます。

 

笑雨(わらう)システム

 

必要な水は貯留槽にしっかりと貯水し、上部の土壌改良工法ヘルシークレー層に保水

 

している水分が徐々に蒸発発生する気化熱によって蒸散作用を実現できるため一般的な

 

クレイ舗装と比較すると最大で路面温度で5度、アスファルト舗装と比較すると最大で15°

 

もの温度差を実現することに成功しています。

 

サーモ

アスファルトやコンクリートがたくさんある都市部でのヒートアイランド現象

熱中症などの原因にもなりますので、ヒートアイランド現象抑制するうえで非常に

効果的だと考えています。

 

さらに台風ゲリラ豪雨などによって溜め込まれた雨水は、防火用水非常用水

 

しても利用することができますので安心安全の重要な要となります。

 

地下貯留した水土壌改良されているヘルシークレーの層を通って泥、砂などの成分を

 

最小限にまで取り除いた状態ですので、非常時における生活用水としても利用できるん

 

ですよ。(飲料に適しているかは個別の水質検査をおススメします)

 

 

もちろん屋上の緑化壁面の緑化に対する散水用水としても使用でできます。

 

緑化を維持・育成するためにはたくさんの水が必要になりますがそれらの水を台風時や

 

ゲリラ豪雨時に治水対策を兼ねて、雨水を溜め込んでおけばコストを大幅に削減できますので

 

一石二鳥です。

3人工芝 下地 ヘルシークレー