岩瀬砂(まさ土)を運動場で採用・使用する際に注意する点について!

岩瀬砂真砂土)を運動場グラウンド・園庭)で使用する際の用途別についてのお話です。

普通の土(赤土など粘性土)よりは水はけ良く砂ぼこりも飛散しにくく多くの
運動場(グラウンド・園庭など)で使用されていますが、
材料自体の粒径(粒の大きさ)が硬く大きいので野球内野などスライディングなどを
する競技が多いグラウンドでは擦過傷のリスクが増す恐れがあります。

1 グラウンド整備 岩瀬砂
弊社で取り扱っている岩瀬砂のサンプル(無料)送付します!

弊社では取り扱っている岩瀬砂のサンプル(無料)を手配して、見積とご一緒に送付させていただき
【見て・触れて】いただいた後に、ご用命を頂けるように心がけています。

一般的に利用させている土の運動場での代表的な諸症状については、これからの厳しく寒い季節は霜柱
表面の泥濘が繰り返され、年間通して乾燥した日には砂埃が飛散する繰り返しが多く、
表面(1~3cm)以外の下の土は硬い状態がほとんどです。

運動場の土壌改良工法

塩化カルシウム散布後の効果は約2か月程度が目安です!

安価で弊社のような運動施設造りの専門業者に頼まなくても出来る対策はホームセンターなどでも
購入できますが【塩化カルシウム】を1m×1mの広さに1kgを目安にスコップ等で全体が均一になるように
散布して一日程度放置(溶けて表面がべた付かなくなる程度)後に利用できます。

効果は霜柱の発生を抑制・軽減します。(散布が好ましい時期は12月下旬・7月中旬)
乾燥した日の砂埃も軽減します。(弊社でも販売しております)

散布後の効果持続期間は平均3か月前後です。(定期的に散布が必要です)

 

グラウンド 防塵処理 散布

泥濘と水捌けもある程度、改善させれます!

ただし泥濘や水溜りは解消できません。次の土に塩化カルシウムを混ぜる方法ですが、
こちらは機械を使用するので弊社のような会社の施工になりますが一番安価な方法です。

メリットは土に混ぜる作業の前後に現状の土を均して締め固める作業も含むために
ある程度の泥濘水はけも改善されます。

グラウンド整備工事 重機搬入

現地の土が使用できる事が前提ですので見積依頼時には現状の画像等を添付していただけると
詳しい見積金額の御提示ができます。この補修施工後の効果は使用頻度により異なりますが

2~3年程度です。※混合作業を施した塩化カルシウムの効果は半年程度です。
2~3年程度の効果とは泥濘・水はけの軽減持続期間です。

グラウンド トラクター混合

最後に施工後10年で完成時の60%程度の効果を維持する【笑土(わらど)工法】などもありますが
補修工事用ではなく既存施設の改修工事新設時のご用命が多いです。手軽で安価な補修工事
10年間、使用と補修維持を繰り返す場合と、施工時に泥濘・水はけ・砂埃凍結などの原因を根本から
改善する工事方法の予算を組んで施工した時での金額の合計差はあまり出ません。

どのような施工方法でもお気軽ご相談をお待ちしております。
連絡先 043-301-3297

水たまり・ぬかるみ、土埃・砂ぼこり対策のことなら「土のスペシャリスト」にご相談ください!