「雨水浸透貯留循環システム」- ヘルシースポーツ建設株式会社
災害、水不足、ヒートアイランド対策を一気に解決!
貯水率と汎用性、短工期、低価格を誇る画期的なシステム。
雨水浸透貯留循環システム画像01

当社の「雨水浸透貯留循環システム」は、貯留槽とヘルシークレー工法を組み合わせた独自工法です。土、芝生、アスファルト、コンクリートなど、あらゆる表層でも施工可能。気化熱による蒸散作用により、従来のクレー舗装とは3~5℃、従来のアスファルト舗装からは10~15℃の温度差を実現でき、ヒートアイランド現象対策も実現することができます。

また、保水層と貯水槽の双方で雨水の流出を抑制することから、ゲリラ豪雨など、近年の異常降雨災害対策としても効果を発します。 貯留した水は、防火用水や防災用水としても利用でき、泥などの成分が少ない水のため、トイレ排水などにも利用できることから、節水などの効果も見込めます。通常時は、樹木への散水や屋上緑化、壁面緑化への散水にもご利用できます。

※最近は、離島の施設運営者さまや役所からのお問い合わせもいただいています。離島での水不足対策にも効果を発揮します。

貯水量の目安

サッカー場1面

雨水貯留浸透システム02

貯水量:1000トン
=小学校のプール2.5杯弱
面積:約10000m²~

テニスコート1面

雨水貯留浸透システム03

貯水量:300トン
=小学校のプール:0.8杯弱
面積:約600m²~

駐車場2台分

雨水貯留浸透システム03

貯水量:20トン
=家庭浴槽(200L)100杯
面積:約27.5m²~

「雨水浸透貯留循環システム」のメカニズム

雨天時には、保水性と透水性を併せ持つヘルシークレー工法や保水型インターロッキングブロックの層が、保水と透水を行い、雨水貯留浸透システムを利用した貯水槽が雨水をしっかり保水します。 晴天時には、貯水槽からの水を使い、屋上緑化や壁面緑化、樹木や植木などに散水できます。また、災害時などの際は、非常用水としても使用可能です。表層からは効率的に水分が蒸発。気化熱の蒸散作用から、表層には冷却効果が起こり、ヒートアイランド減少対策へと結びつきます。

雨水貯留浸透システム05 雨水貯留浸透システム06

「ヘルシークレー工法」と「堆砂抑制システム」との併用は、素早くきれいな雨水を、流入土砂を抑制して貯水できるため、特に人気があるシステムとなっています。

雨水貯留浸透システム 水が飲める!画像

貯水するメリットはいくつもありますが、特に、蒸散作用によるヒートアイランド減少対策、節水目的、災害時のための貯水、環境配慮システムの導入を目的に「雨水浸透貯留循環システム」を施工される方が多くおられます。 躯体全体に対する貯水率や、強度、再利用の条件などを徹底的に改善した「雨水浸透貯留循環システム」システムを、ぜひご検討ください。

導入のメリット

すばやくきれいな水を地中に浸透させる透水作用と保水作用のダブル機能で ゲリラ豪雨、水不足、ヒートアイランド現象に対応します。

●路面温度を下げ、ヒートアイランドを抑止
夏場、従来のクレー舗装と比較し、3~5℃路面温度が低く、アスファルト舗装と比べると、10~15℃の温度差があります。

●ゲリラ豪雨対策
保水層と貯水槽のダブルで、雨水を流出抑制しますので、近年の異常降雨災害に十分対応できます。

●貯留した水を再利用できる
貯留した水を災害発生時の防火用水や非常用水、トイレ排水として利用できます。通常時は、屋上緑化、壁面緑化、樹木への散水に利用できます。

●空隙率95%以上
掘削した堆積のほとんどを雨水の貯水層としてご利用いただけます。圧倒的なムダの削減を実現し、効率的な貯水システムを設置できます。

●継手レスで施工が簡単
継手がないまま連結できるため、圧倒的な施工速度とムダな資材の購入がなくなります。短工期とコストダウンの両方を実現いたします。

●他の追随を許さないコストダウンが可能
上記「短工期」と「継手レス」に加え、資材費や人工が少なくて済むため、コンクリート製の雨水貯水槽と比較するまでもないコストダウンが可能です。

1平方メートルあたりの施工単価

こんな用途・場所におすすめします。

工場やオフィスなど各種敷地内の空き地、工場やオフィスなど各種敷地内の緑地、工場やオフィスなど各種敷地内の通路や駐車場、遊歩道、緑地帯、花壇植栽、 芝生下地、空き地、植栽枡、植物園、動物園、農園、農場、牧場、鶏舎、豚舎、牛小屋、植物園、動物園、などアイデア次第で、さまざまな場所に設置できます。