「最新のグラウンド改修工法「笑土工法」」- ヘルシースポーツ建設株式会社
防塵対策もかねた透水性保水性土舗装工法。
22世紀を見据えた最上級のグラウンド改良です

「笑土」(わらど)工法は、ヘルシークレー表層の表面処理および表層保護としてヘルシーグリーンを組み合わせた土質改良工法です。 自然の土を主材料として改良するヘルシークレー表層の劣化をヘルシーグリーンで補うため、学校グラウンド等の激しい動きへの対応がより充実したものとなりました。従来の土に透水性の高い物質を混入するのと違い、土の構造を変えるという工法は、使用者の皆様に安心感を与え御好評をいただいております。 グラウンド、園庭、公園園路などをお使いの皆様を「笑顔にさせる土」という願いを込めて、「笑土(わらど)」と名づけました。

笑土(わらど)工法画像01

施工断面図

笑土(わらど)工法断面

施工の様子

笑土(わらど)工法施工

導入のメリット

2つの土質改良を施すことで
土埃、砂ぼこり対策と、ぬかるみや水たまり対策が同時にできる!

◆天候の変化に強く、オールシーズンの使用に最適!!

◆短工期、必要最低限の工事で土壌の問題が解決できる!!

◆工事費、維持費が低価格でコストパフォーマンスが抜群!!

プロテクデョングリーンへ

◆改良された土壌が常に競技場を最適なコンディションに保つ

◆土壌の硬さが自由に変えられるため、使用者の条件に配慮した調整が可能

◆土の入れ替えや残土の処理が必要ないため、低コストで導入ができる

ヘルシークレイへ
1平方メートルあたりの施工単価
250円~

笑土 VS ヘルシーグリーン

笑土(ヘルシークレー工法+ヘルシーグリーン)とヘルシーグリーンの施工状態が比較できる画像を用意しました。下の写真の真ん中にある緑の線の左が「笑土」、右がヘルシーグリーンのみの状態です。「笑土」を施工した路面は、ぬかるみも解消されているのがはっきりとわかります。

動画で笑土をご説明!

こんな用途・場所におすすめします。

●おすすめ用途
環境対策、ヒートアイランド対策、災害対策(ゲリラ豪雨・洪水・地震)、水道再利用、土埃対策、ぬかるみ対策、地面冷却対策、路面冷却対策、排水・水はけ対策、防草対策、コストダウン対策、土壌改良・土質改良対策、団粒化、など

●おすすめ施工箇所
各種屋外施設:グラウンド、校庭、競技場、サッカー場、競馬場、フットサル場、テニスコート、陸上競技場、野球場、ラグビー場、ランニングコース、公園、遊歩道、緑地帯、花壇植栽、植栽枡、芝生下地、空き地、駐車場、中央分離帯、など
動植物関連施設:農園、農場、牧場、鶏舎、豚舎、牛小屋、植物園、動物園、など
各種公共・商業施設:病院、公共施設、庁舎、ショッピングセンター、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、各種学校、など