『天井脱落対策』天井材を撤去せずに法令順守する適応工法!

専務の岡本です^_^こんにちは!

今日は茨城県内で某自治体様の庁舎内で天井脱落対策ネット施工

ネットワン工法)の現地確認打合せに来ました。

災害時避難場所指揮命令管轄拠点として利用性の

高い公共建物内耐震補強工事は進んでいますが、

屋内の天井材落下時に人への直撃を防ぐ天井ネット工事です。

天井材落下対策 施工会社 千葉 茨城 秋田県 天井落下 直撃 対策 避難建物 ネットワン工法 千葉 秋田 茨城県

設計業務(補助)・資料請求見積依頼などお気軽にお問合せください。

043-301-3297

弊社の担当地域は千葉県秋田県茨城県内のの総代理店です。

震災・災害時避難場所になる会館ホール公民館などの天井材を落下時の事故防止のために、

撤去を進めている民間・自治体が管理する建物はかなり増えています。

天井落下対策ネット工事 体育館 公民館 避難場所

 

しかし最近、撤去後に新たな問題が発生しているようです。

講演会・発表会・演奏会などで音響音質音程乱反射して聴こえにくいないなどの苦情

苦慮されている各自治体・民間施設運営管理担当者様からお話を聞きました。

天井材撤去検討計画中の皆様!撤去しなくても建築基準法順守する対策工法があります!

現場材料立会

設計業務・担当者さまからのご連絡お待ちしております。

現行の建築基準法を満たしている天井材を撤去せずに対策工事方法が『Net-One(ネットワン)工法』です。