体に優しいヘルシークレーを採用したフットサル場のPVです♪

人工芝下地基層)を道路と同じ硬いアスファルト舗装を選択するか

土を主材料として現地改良を行う透水性保水型土舗装ヘルシークレー』を選択するかで

後の蓄積されたプレイヤーへの体の負担(各関節部への衝撃)が大きく変わります。

改良して人が利用する強度の基準で施工する『ヘルシークレー®工法』と人以外(車など)

150460_368854343171778_220739691316578_1008386_864416725_n

人以外(車など)の利用目的のアスファルト舗装の強度では大きく違いが出ます。

人工芝の材質などで、ある程度は反発係数(衝撃の度合い)は軽減されますが、

蓄積(各関節への衝撃)される疲労(ゲガの要因の一つ)に関しては利用年数に応じて

差が広がり怪我などのリスクもどちらを選ぶかにより変わってきます。

 

目に観え直接触れる人工芝選択も重要ですが、基層下地)の選択も重要です。

トータルコストからすると人工芝の価格が7割で基層(下地)を含めた工種が3割と

コストを考えても砂入りロングパイル人工芝の選定は欠かせませんが、御客様(プレイヤー)

への施設をPRを考えると他施設(ライバルコート)との差(付加価値)を付ける意味でも

 

熱中症・ヒートアイランド現象抑制

上記の画像のように運動中熱中症発生リスクの軽減に繋がるように、

保水機能により表層の路面温度を低くすることが可能です。

ヘルシークレー®工法』は必ずお役に立てる選択肢に成ります。

御問合せ先 043-301-3297

概算施工価格は『参考価格ページ』をご覧ください。