【運動場をロングパイル人工芝にする計画で最重要点について!】

グラウンド園庭・校庭・公園広場)など人工芝の下地は

実は人知れず道路と同じ硬いアスファルト舗装がほとんどです!

この数年間で硬いアスファルト舗装ではなく土を改良して人が使う

運動場専用に硬さを調節して夏場の熱中症発生も軽減できる

透水性保水型土舗装ATTAC/ヘルシークレー工法が選ばれています♪

園庭改修工事 人工芝

現状の土が利用できる場合や一部再使用して購入土で下地施工をが

できる【人工芝下地専用のヘルシークレー®】  は現況土を利用するため

現状土の掘削運搬処分費面でコスト削減が図れて、別の工種や完成後の

ランニングコスト(維持・メンテ費用など)に大切なお金を使えます。

幼稚園の園庭に元々あった土を土壌改良して人工芝施工をしている映像をご覧ください。

人工芝の下地舗装にも対応する『ヘルシークレー®工法』は下記の画像資料のように、

用途に合わせて改良土の硬度を調整可能です。

透水性保水型土系

運動場の土壌改良に関する資料・見積請求などお気軽にお問い合わせください。

連絡先 043-301-3297 web上からは『資料・見積依頼フォーム』 をご利用ください。

参考施工価格『概算価格ページ』よりご覧いただけます。

ヘルシークレー®の土中に保水した水分の気化熱により熱中症予防が期待できて、

土を改良した工法なので人の各関節への衝撃を緩和して怪我のリスク軽減も期待できます。