『校庭整備計画は、岩瀬砂を現地改良した改良土がおすすめ!』

予算の都合もありますが学校グラウンド整備工事検討設計)して

岩瀬砂を表層工で考慮した場合、粒度(粒の大きさ)を調整して、転倒時の擦過傷

リスクを軽減した改良岩瀬砂にて厚さ10cmを透水性保水型土舗装ヘルシークレー®)に

改良すると排水環境泥濘水はけ水たまり)が極めて改善されます。

グラウンド 改良土 工法 比較表 ヘルシークレー雨水流出抑制土

屋外クレイグラウンド園庭・校庭・公園広場など)のご用命が一番多いパターンに

なります。

そして、表層の下(路盤工)は砕石層が一般的ですが現況土(良質土)を

15cm程度、透水性保水型土舗装(ヘルシークレー®工法)に改良すると、

発生残土量抑えられるので、コスト削減になり、民間施設・公共施設の

グラウンドを設計される企業様からのご依頼が多いです。

透水性保水型土系透水性保水型土舗装

既存施設を利用しての改修工事(案)や新規設計計画(案)の作成をさせていただきます。

どうぞお気軽にお問合せください。

043-301-3297