グラウンドに防塵・防霜(融雪)剤の塩化カルシウム散布時期について!

防塵・防霜対策用に土の運動場(園庭・校庭・公園・グラウンド)に塩化カルシウムを撒いたけど、
なかなか溶けない原因の一つは空気が乾燥し過ぎている(低湿度)と溶けにくいので水を
少し撒いてあげると溶けるし土中に入りやすくなり防塵・防霜(融雪)効果を早期に発揮します。

塩化カルシウム 

塩化カルシウムの効果が切れて霜柱・凍結が発生してからの二回目の散布は、おススメしません。

運動場の色々な症状(泥濘・水はけ・砂ぼこり・凍結・排水)を改善する方法などを【各種紹介ページ】
内で紹介中です。
塩化カルシウム(にがり)を散布(㎡/0.6~1kg)した場合の効果を発揮する期間は一般的に2か月程度と
言われていますので年に2回の散布(梅雨明けと12月初旬くらい)をおススメします。

12月初旬に散布して効果が弱くなり始める2月初旬に散布すると路面凍上の抑制効果が期待できます。
最初に散布した塩化カルシウムの効果が切れて霜柱・凍結が発生してからの二回目の散布は、
おススメしません。

園庭 塩化カルシウム散布完了 白浜保育園

砂ぼこり対策用のヘルシーグリーン工法は冬季には防霜効果もあります!

既存施設の補修・改修方法の提案(見積)や新規計画(設計案)などのご相談などご予算・ご要望に
合わせて各種製品・工法の提案をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。
各地域の提携企業と民間・公共工事共に全国対応可能です。

水たまり・ぬかるみ、土埃・砂ぼこり対策のことなら
「土のスペシャリスト」にご相談ください!

詳しい価格を知りたい方はこちら 

無料見積

図面や各工法資料をお求めの方はこちら 

資料無料ダウンロード

参考価格を知りたい方はこちら 

施工価格

土壌・工法についてのご相談はこちら 

お問い合わせ