同じ降雨量でも気温差で雨水が土に浸透する時間は変わります!

こんにちは!

寒さも本格的になり外で運動をするという機会も少しずつ減ってきて

いるかもしれません。

冬になると忘れてしまいがちですが夏場になると局地的な豪雨台風

いった短時間にたくさんの雨が降ります。

ぐちゃぐちゃなグラウンド

このような短時間に大量の雨が降った時にはすぐにグラウンドが水浸し

なってしまいせっかく運動を思い切り楽しめる季節なのにグラウンドが使えない

ということもあります。

 

しかしヘルシークレー工法であれば、このような雨水をどんどん浸透していきます。

1㎡の広さであればなんと20リットルもの水を一時的に貯めこんでくれます。

それ以上に降った雨は地下や地中に少しずつ浸透していきますのでグランドの表面に

いつまでも水が残ったままということになりにくいのです。

ヘルシークレー工法資料_page-0001

これまでは土壌の改良や排水性の高い有機物を今ある土に混ぜ込むという方法が

一般的でした。

確かにその方法でも透水性は向上するものの、まだまだ十分とは言い切れませんでした。

ヘルシークレー工法は1㎡で20リットルの水を溜め込んでくれますので、その分だけ

従来の方法よりも多くの水を処理できるということになります。

さらに溜め込んだ水は少しずつ蒸発していき、気化熱によって夏場などの暑い時期に

グラウンド表面が高温になるのを防ぎます。

グラウンドの表面温度が高くなるのを防ぐということはそれだけ熱中症予防にも

効果があるといえます。

3人工芝 下地 ヘルシークレー

夏場に思い切りグラウンドを使えるコンディションを作る、そして熱中症になるのを

防ぐというとても大きなメリットがヘルシークレー工法にはあるんですよ。

こちらの【無償・資料請求お問合せ】【無料・見積提案依頼】をクリックしていただくと

直接、各お問合せ・依頼フォームにお進みいただけます。