【土でできている屋外施設の泥濘や水溜りを軽減・抑制する方法!】

こんにちは!

梅雨真っ只中日本国内ですが中々、屋外施設が使えずに

悶々としている方々も多いと思います。

土でできている屋外施設園庭校庭公園グラウンド境内)などで、

ぐちゃぐちゃ泥濘水溜りの発生を軽減・抑制する方法や

ぐちゃぐちゃなグラウンド

どんな感じで計画(設計)したり施工をすれば、完成後に快適に使える

屋外運動施設に成るのかなども、今日のブログに書かせていただきます。

グラウンド整備計画(設計)時に降雨によるグラウンド表面の泥濘・水溜り

の要因になる雨水を適切に排水させる方法としては、表面排水が重要です。

dd071ba4e60d65211726fea421b09383[1]

各計画地の形状・施工条件により多少異なる場合もありますが、

クレイ舗装のグラウンド整備計画では、表面の水勾配3‰~7‰

望ましいとされています。

『公益財団法人 日本体育施設協会発刊の屋外体育施設の建設指針』より

表紙 屋外体育施設の建設指針

降雨による雨水をグラウンド外へ排水する役目としては、グラウンドの表面排水

7割前後が表面排水勾配で排水されるので重要になります。

 

そして、残りの3割前後の雨水をどのように排水させるのかを計画(設計)する上

で考慮する内容が、水はけの良い普通土の選定や土壌改良工法の選定、

そして地中の排水施設(暗渠管)が必要かどうかの検討になると思われます。

1550454420049

この3割前後の雨水を適切に処理できるかにより、完成後の泥濘水たまり

発生や晴天・乾燥した日砂ぼこり飛散に大きく関わってきます。

暗渠排水施設計画するのであれば、表層工のが比較的水はけの良い普通土

(未改良)を選定・使用したとしても、降雨後に浸透する時間が掛り暗渠排水管まで、

到達にかなりの時間を要します。

グラウンド基盤整備

結果的に表面の雨水が浸透・透水する前に、やもえず使用するので表面が

泥濘や水たまりが多く発生し、風が吹き乾燥した晴天日には砂ぼこり発生の要因に

なります。

砂ぼこり

暗渠排水施設まで素早く雨水を浸透・透水させて、グラウンド表面の泥濘・水溜り

を軽減・抑制する用途で土壌改良工法があります。

次回のブログで土壌改良工法や混合工法などを表層に施工すると

今回書かせていただきた内容の排水施設が有効になり、完成後も快適に利用できる

内容を今回は長文になったので、次回に書かせていただきます。

次回のブログ更新の前でも、【資料請求・問合せ】 や 【無料・見積提案】 など、

各種資料と共に次回のブログ内容を読んでいただくと、よりご理解が早くなるかも

知れませんので、お氣軽にご依頼願います。

連絡先 043-301-3297