グラウンド全体を見ず、水たまりだけに土砂を補充し続けると・・!

こんにちは!

 

今年は冬晴の日には、真冬なのにスポーツを楽しめる!

 

ということで、張り切ってスポーツを楽しんでいる方も多いのでは

 

ないでしょうか。

そうなるとやはり氣になるのはグラウンドの水はけです。

 

そもそも、水がなかなか引かないのには理由が色々とあります。

 

 

水はけが悪くなる原因としてまず最初にチェックすべきなのが、やはり土質です。

 

粘土質の土、赤土の割合がおければ、どうしても必要以上に水を吸収しやすくなります。

 

日当たりの良い土地であっても、水がいつまでも残ってしまいます。

DSC_0656

雨が止んでずいぶん時間が経過しているのに、なかなか水が引かないという原因になるのです。

 

もともと沼地などで、そこにグラウンドを作っているような場合には、水はけが悪くなることが多いです。

 

そのような土地にグラウンドを作る場合には、水を効率よく排出する仕組みを整えているものですが、

 

経年劣化などによってスムーズに水が流れない、というケースもあります。

ぐちゃぐちゃなグラウンド

また、地中に粘土層のある土地も、水はけが悪くなってしまうことがあります。

 

そのため、本来であれば下層の構成を事前に調査しておくのが理想的です。

 

水はけの悪い環境であれば、排水施設を補ったり、少しだけ特殊な土を施工すると

 

改善されることが多くあります。

 

71893676_2507181982669144_100637702289883136_n

水はけや砂ぼこりにお困りの方は、是非弊社まで一度ご連絡ください。

 

資料請求・お問合せ】や【お見積り依頼】など直接クリックしていただくと、

 

各依頼フォームにお進みいただけます。