塩化カルシウムを散布時期を間違えなければ砂埃・凍結を2ケ月ほど抑制します!

こんにちは!そして、こんばんは
本格的な冬がやってきてグラウンドが凍結することがあります。
土の運動場が凍結(霜柱)してしまうと土のひび割れなどが起きてしまいますので、
対策をしておく必要があります。

防塵・防霜対策として塩化カルシウムは散布時期が重要!

このグラウンドの凍結に効果的とされているのが塩化カルシウムです。
この塩化カルシウムというのはグラウンドの表面に撒く白い粒上の粉末で、
お豆腐の原料にされている苦汁(にがり)です。

にがりを表面に巻くことによってグランドが凍結しひび割れてしまうのを抑制します。
この塩化カルシウムをグラウンドやテニスコートなどに撒く場合、3か月に
一度程度撒くのが理想的とされています。凍結(霜柱の発生時期前の散布)

塩化カルシウム散布後の防霜効果は2か月程度です。

塩化カルシウムを土の表面に撒くことによって、夏場のようにグランドがひどく
乾燥しひび割れてしまうのを予防して、砂埃が発生するのを防ぎます。
グラウンドが乾燥してしまうと細い砂埃が舞い上がり風の強い日には周辺の住宅に
まで運動場の砂が飛び、運動場管理者への苦情の原因になります。

 

塩化カルシウムを散布する適正時期を逃さないように!

細かい砂が舞い上がってしまうと、後に残されたのは硬いザラザラしたグラウンド
だけですので、運動をするうえでも決して良い環境とは言えません。
グラウンドや公園などをはじめ、道路や園庭などに塩化カルシウムを撒く場合には
霜が降りる時期よりも早く撒いておくのが効果的です。(11月下旬から12月中旬)

 

弊社のヘルシーグリーン工法は防塵・防霜対策専用工法です!

地域にもよりますが11月下旬から12月中旬までには塩化カルシウムを撒いて
おくと安心ですよ。
また、塩化カルシウムを散布ているにも関わらずグラウンドがひび割れてしまったり
砂埃が舞い上がるという場合にはすでにグランドの状態が著しく劣化している
可能性がありますので、その場合には弊社までお氣軽にご相談ください。

水たまり・ぬかるみ、土埃・砂ぼこり対策のことなら
「土のスペシャリスト」にご相談ください!

詳しい価格を知りたい方はこちら 

無料見積

図面や各工法資料をお求めの方はこちら 

資料無料ダウンロード

参考価格を知りたい方はこちら 

施工価格

土壌・工法についてのご相談はこちら 

お問い合わせ