砂ぼこり対策の費用を安く抑えて自分たちでもできる方法!

こんにちは!そして、こんばんは
土で構成されているグラウンド・公園・園庭を所有、管理、利用している方々に
とって、砂ぼこりが発生して利用者や近隣住民の方からの苦情がくるというのは
とても氣になることだと思います。

今日は砂埃対策費用を抑えた防塵対策についてのお話です。

1つ目の方法として、塩化カルシウムを撒く、というのもおすすめです。
塩化カルシウムを撒く場合には、1㎡(1m×1m)あたり600gから1000gが目安に
なります。
なるべく均等になるように散布してください。

散布した塩化カルシウムが解けるまで使用は控えましょう!

散布後、時期にもよりますが1日から3日ほどグラウンド(園庭・校庭・運動場)
などを利用できなくはなります。その効果は長くて2ヶ月ほどです。
比較的安価に防塵対策が可能ですが、塩化カルシウムの効果が無くなる前に再度、
散布が必要になります!

植物が生育している場所に飛散・浸透させないように距離を考えて散布しましょう!

ただ、散布後に降雨があると土中に浸透しきれていない成分が雨水で流れてしまうこと
もありますので、できるだけ雨が降らないであろうタイミングで使用がおススメです。
植物に直接、塩化カルシウムが飛散しないように注意して作業をしてください。
針葉樹には特に塩化カルシウムが付着しないように注意してくださいね。

次に2つ目の防塵対策は散水です。

乾燥したグラウンド(園庭・校庭・運動場)で砂ぼこりなどの発生を抑えるためや
熱中症予防のために散水を定期的にする方法です。
しかし運動場の状態により直ぐに表面だけが、グチャグチャになり散水をやめて、
数時間後にはまた砂ぼこり発生の繰り返しが続いている土の運動場が多いと思います。

1つ目の塩化カルシウムの散布や2つ目の散水は業者に依頼しなくても費用を抑えて効果は
限定的ですが防塵対策になります。
散水設備がない屋外運動場での防塵対策は誰にでもできる方法としては、
塩化カルシウムの散布に限られます。

費用を抑えて時限的な方法でも簡単に管理・運営されている方々でもできる防塵対策を
ご紹介させていただきました。
最後に費用は、塩化カルシウム散布や散水よりも上がりますが効果の持続期間は、
使用頻度や施工前の現状により異なりますが、3年~5年程度持続して、定期的に
メンテナンスを行うとさらに持続期間が延びるの防塵対策専用のヘルシーグリーン工法
もございます。

 

防塵処理施工をしたグラウンドと未施工のグラウンドでの強風時に撮影しました映像を
ご覧いただけると一目瞭然です。

土で構成されている屋外運動施設の砂ぼこり対策に関する事などお氣軽にご相談ください。

水たまり・ぬかるみ、土埃・砂ぼこり対策のことなら
「土のスペシャリスト」にご相談ください!

詳しい価格を知りたい方はこちら 

無料見積

図面や各工法資料をお求めの方はこちら 

資料無料ダウンロード

参考価格を知りたい方はこちら 

施工価格

土壌・工法についてのご相談はこちら 

お問い合わせ