避難が必要な豪雨というのはどのくらいの雨のことを言うのでしょうか。

こんにちは!そして、こんばんは
集中豪雨って怖いですよね。
近年では、短時間にすごい量の雨が降って災害が発生することも多くなっています。
そもそも、豪雨というのはどのくらいの雨のことを言うのでしょうか。

豪雨というのは、著しく被害が発生するような大雨現象のことを指すそうです。
1,000棟以上の家屋が浸水した場合には、豪雨ということになります。
豪雨にも実は2つの種類があります。
集中豪雨、局地的大雨の2つです。
集中豪雨というのは、同じ場所で数時間強烈な雨がふり、数百ミリの雨量が
記録された場合になります。

局地的大雨というのは、数十分の短い時間で狭い範囲内に数十ミリの雨量が
記録された場合です。
ゲリラ豪雨という言葉を耳にする方も多いと思いますが、ゲリラ豪雨というのは実は
正式な用語ではありません。

集中豪雨、局地的大雨のことを表現するうえで使われている用語に過ぎません。
ゲリラ豪雨が発生すると短時間で土の中に大量の水が浸透していきます。
短時間に大量の水が浸透すると、土砂崩れなどが発生するリスクも高くなりますし、
床下浸水、床上浸水なども引き起こされます。

もしもすでに雨が降ったあとにすぐに水たまりができたり、ぬかるみができている
ような場合には土壌に問題がある可能性がありますので、土壌を改善考えてみた方が
良いでしょう。
特に、古い家屋をリフォームして介護施設、保育園など多くの人が集まる場所に利用
している場合には、災害発生時の被害を最小限に抑えるためにも土壌、土質改善を
検討してみてはどうでしょうか。

各地域の提携企業と全国対応可能です!

水たまり・ぬかるみ、土埃・砂ぼこり対策のことなら
「土のスペシャリスト」にご相談ください!

詳しい価格を知りたい方はこちら 

無料見積

図面や各工法資料をお求めの方はこちら 

資料無料ダウンロード

参考価格を知りたい方はこちら 

施工価格

土壌・工法についてのご相談はこちら 

お問い合わせ