【泥濘軽減用に岩瀬砂を改良岩瀬砂として販売する業者に騙されないために!】

予算の都合もありますが学校のグラウンド園庭校庭整備工事検討中

担当者様(施設運営先・設計会社様等)が岩瀬砂表層工で考慮した場合、

粒度(粒の大きさ)を調整した改良岩瀬砂を使用すると擦過傷などの軽減などが

期待できます。

さらに、10cmの厚みで土の透水性を向上させて泥濘ぬかるみ)や

水溜りの発生を抑制・軽減するATTAC/ヘルシークレー®工法に改良すると

水はけが格段に向上します。

普通の岩瀬砂 改良岩瀬砂

御採用が一番多いパターンになります。

続いて表層の下は砕石層が一般的ですが現況土(赤土)を50mm~100mm程度、

透水性保水型土舗装ATTAC工法ヘルシークレー®)で改良コスト削減をされている

施工主・設計会社様で採用が増えております。

クレイ舗装材として多く利用されている関東地方では岩瀬砂いわせずな)と言われ

西日本方面では真砂土まさ土)と言われている材料で採掘場で粒の大きさを振い分けして

グラウンド園庭校庭広場公園)で使用される通称・改良岩瀬砂と振い分けしていない

普通の岩瀬砂があります。

資料(サンプル材)・見積請求や電話での御質疑先は043-301-3297

このままWeb上からの御問合せは『資料・見積請求フォーム』をご利用ください。